2017年1月15日日曜日

スポーツ歯科

西尾市西幡豆町の磯貝歯科です。

スポーツにおける歯科医師が担う役割について勉強してきました。

スポーツ歯科というと何となくマウスピースというイメージがあります。

実際に私もマウスピースを使用することでパフォーマンスを上げてあげる。

そんなイメージでした。

しかし実際にはもう少し広い意味で関わるものだというものだとわかりました。

スポーツを行うには十分な栄養摂取が必要になります。

十分な栄養摂取をするためには何でも噛めるような健康な歯と歯茎を維持することが大切になり

ます。

スポーツ選手においてはしっかりと栄養をとり、健康管理が出来なければ体力の維持、増進が難し

くなり満足な結果を得にくくなります。

こういったことより歯科医師が一歩踏み込んで口腔内の健康管理を行うことで、選手が最高のパフ

ォーマンスを発揮できるように関わっていくことが大切で必要不可欠ではないかと思います。

マウスピースについて


実際スポーツ歯科としてマウスピースによるサポートもあります。

スポーツには怪我がつきものです。

コンタクトスポーツにおいては全体の約10%程度が口腔領域の外傷になります。

軟組織の損傷のような比較的軽傷のものから歯の破折や脱臼、骨折や脳震盪など重症のものも

あります。

選手が怪我をすることなく選手生活を送れるようサポートすることが医療人としての役割であり、そ

の必要性をスポーツをする選手だけでなく指導者や周りを取り巻く環境に理解してもらえるよう伝

えていくことが重要だと考えます。

スポーツをする多くの人の外傷予防の手助けができればいいなと思います。

マウスピースの効果についてはまだハッキリしていないことも多いようですが今後ももっと勉強して

いきます。




2016年12月19日月曜日

前歯で噛める入れ歯 IN 福岡

西尾市幡豆町の磯貝歯科です。

2016年12月17・18日と福岡に行ってきました。

今回もいろいろ学んだ事を日々の診療に生かし、その成果について上手くいった事やそうでない事

を少しの時間ではありますが発表させていただきました。

発表するにあたってあらためて知識の確認をしたり、ぼんやりしていた事を調べなおしたりすること

で自分にとってもより勉強になると感じるとともにこういうことは続けないとと改めて思いました。

それはさておき他にも沢山の先生の発表を聞くことが出来ました。

義歯でしっかり食べれるようになった方の食べれる以上の成果、全身への好循環などの話もあり

本当に面白かったです。

どの先生も非常にレベルが高く勉強になり、いいものはどんどん吸収させていただき自分ももっと

もっと勉強して診療にいかし成長していかないとと思いました。


福岡では勉強だけでなく食事も楽しみです。

案外こっちの方がメインだったりするかも(笑)

たまたま前日テレビ番組で空港近くに美味しい天ぷら屋さんがあるというので取り上げられていた

ので行ってきました。

価格も安く揚げたての天ぷらを揚がり次第持ってきてくれるので常に出来立てを食べれて本当に

美味しかったです。

塩辛もそなえつけられてて食べ放題。

これが結構嬉しかったです。


福岡で大満足と充実の2日間を過ごしてきました。

また機会あったら行きたいですね。

そしてますます勉強も頑張っていきますのでこれからも磯貝歯科医院をよろしくお願いします。


西尾市幡豆町 磯貝歯科医院ホームページ







2016年11月10日木曜日

障がい者研修修了

西尾市幡豆町の磯貝歯科です。

11月10日障がい者歯科認定協力医研修会より認定証をいただきました。




約半年間障がい者歯科について講習と臨床実施実習を通し、しっかり勉強させていただきました。

多くの講師の先生方の話しを聞くことができ、実りの多い研修会となりました。

また研修会に参加されていた先輩先生方ともお話しできる機会があり、志の高さを感じるとともに

何歳になられても学ばれている姿勢に自分もこうあるべきだなと思いました。

現状ではなかなか地域の歯科で診てもらうことが出来ず一日かけて専門機関に受診するといった

ことがほとんどですが、ご家族の方も本人も大変な事だと思います。

そういう事に目を向け専門機関と連携をとりながら自院で診ていくということに取り組もうとされてい

る先生方は本当にすごいなと思います。

障がいを持たれている方が歯科治療をより身近に受けることができ、ご家族・本人・サポートしてく

れる方々の助けに少しでもなれればと思います。

まだまだ学ぶ事はたくさんありますがしっかりかたちにし、困った方の助けになれるよう頑張ってい

きます。

2016年10月30日日曜日

障がい者歯科研修

西尾市幡豆町の磯貝歯科です。

今回の研修では午前は介護の必要な患者様の移動・移乗技術と摂食嚥下についての講義、そし

て午後からは内視鏡操作、移動・移乗の実習を行い一日盛りだくさんの内容でした。

移動・移乗技術とは、利用者(介護される人)と介助者のどちらともが、体への負担を軽減させスム

ーズに動けるようにするかというもので、ただ単に力任せに介護するのではないものです。

体の自然な動きを利用したり、補助具・補助機器を有効に活用することで無駄な力が入らないよう

にし、体重を上手く利用することで無理なく介助をおこないます。

これらは人間の身体の骨格・筋・内臓などの各系統が、力学的に影響しあう相互関係を「ボディメ

カニクス」と言いますがこの考え方がよく応用されていました。


摂食嚥下機能評価に関しては、目的と対象者そしてその方法について勉強させていただきまし

た。

いくつかのスクリーニングテストを行い評価をしていくのですが、スクリーニング検査として頚部聴

診法、反復唾液嚥下テスト、水飲みテストは有用であるとのことで今回は頚部聴診法を実際に実

習しました。

また嚥下内視鏡検査(VE)の実習も行い咽頭を直接視認することでより正確な診断ができるのを

実感しました。

いくつかの検査がありますが、これらを上手く組み合わせて患者様がより苦痛なく、正確な診断が

できることが重要でないかと思います。

日常ではなかなか触れることのない領域でしたがここで学んだことを生かし幅の広い診察が出来

るよう日々頑張り、より多くの患者様のためになれればと思いました。

今後とも常に多くのことを学び吸収していきたいと思いますので何かお悩みの際にはお気軽にご

相談下さい。

西尾市幡豆町 磯貝歯科医院ホームページ


2016年10月19日水曜日

歯の支え

西尾市幡豆町の磯貝歯科です。

歯の支えについて。

歯が口の中で安定した位置に固定されているのはしっかりとした支えがあるからです。

ではこの支えとは何でしょうか?

それは歯槽骨という骨です。

この歯槽骨がやせてくると歯がグラグラして不安定になり抜け落ちることもあります。

歯の二大疾患である歯周病にかかるとこの歯槽骨が溶けてやせていってしまいます。

歯槽骨は骨を吸収する細胞と骨を作る細胞によって新生を繰り返しています。

つまり常に古い骨は吸収され、新しい骨に置き換わっているということになります。

歯周病になるとこのバランスが崩れてしまいます。

歯周病の炎症によって出される物質(サイトカイン)が骨を吸収する細胞の働きを促進してしまうか

らです。

その結果、骨の吸収が進み、新生が追いつかなくなり骨がやせていってしまいます。

歯ぐきも歯を支える大切な組織の一つです。

健康な歯ぐきは通常淡いピンク色をしております。

しかし歯周病が進むと赤く腫れたり、紫色に変色します。

歯ぐきは口から侵入するばい菌や毒素から、歯や歯槽骨、または全身を守る働きをします。

歯ぐきにはたくさんの毛細血管がとおっており、その中の免疫物質がバリアの役割をします。

歯槽骨と歯茎のどちらも歯の支えとして大事な役割をはたしております。

何か症状が出た場合にはほおっておかず歯科医院に受診することをおすすめします。

より長く、健康な口を目指して。

西尾市幡豆町 磯貝歯科医院ホームページ

2016年10月12日水曜日

乳歯の異常な歯並び(前方交叉咬合、後方交叉咬合)

西尾市西幡豆町の磯貝歯科です。

前方交叉咬合と後方交叉咬合について。

前方交叉咬合とは反対咬合もしくは受け口とい呼ばれるものです。

これは下顎の前歯が上顎の前歯をおおっている状態をさし、このおおい方は大きく2種類に分けら

れます。

1つは歯の軸の異常によって生じるもので上顎の前歯の軸が唇と反対側(内側)にむいて生えてい

る場合と、下顎の前歯の軸が唇側にむいて生えているものです。

2つめは上顎の骨の成長あるいは下顎の骨の過成長によるもので、家系に反対咬合の人がい

る、また中顔面部に陥凹感があるといった骨格的要因の強いものです。

2つめの骨格的要因のある反対咬合は放置すると上顎の成長を抑制し、上下顎骨のバランスを悪

化させることがあるため早めに歯科医師に相談することをおすすめします。

次に後方交叉咬合について。

前方交叉咬合は上下前歯の位置の話でしたが、これは上下奥歯の位置異常です。

前歯も奥歯も通常上顎の歯が下顎の歯をおおうように外側に位置しています。

それに対してこれは上顎の奥歯が下顎の奥歯の内側に入ってしまっている状態です。

そして片側だけ逆になっている片側性の場合と左右両側にみられる両側性のものがあります。

いずれにしても状態が長期にわたりますと、前歯の時と同様上顎の成長を抑制し、顔貌の非対称

を生じてしまう可能性がありますので治療をおすすめします。

磯貝歯科医院でも矯正専門医や口腔外科医など専門性の高い先生と連携しより良い医療をお困

りの方に提供できるよう準備しております。

お困りの方はいつでもお気軽にご相談ください。

西尾市幡豆町 磯貝歯科医院ホームページ


2016年8月25日木曜日

愛知学院大学歯学部附属病院 障がい者歯科研修

西尾市幡豆町の磯貝歯科医院です。

障がい者歯科の臨床研修も今回で3施設目となり何となく障がい者歯科の取り組み方というのが

分かってきたように思います。

各施設のおかれた環境によりそれぞれ特色はありますが患者様に対応する基本は同じであると

感じました。

患者様の人格を尊重し、優しく愛情をもって接すること、また信頼をえるために穏やかで話しやす

い雰囲気をつくり、熱心な態度で接し、障がいのある人の気持ちに寄り添うことです。

治療に際しても緊急でなければ、まずは歯科医院に慣れていくよう、また治療できるようになってい

くようTEACCH法、刺激統制法、脱感作法、モデリング法、カウント法などの方法を使い、無理なく

診療できることが患者様にとっても苦痛を減らせスムーズに治療をすすめられることとなると思い

ます。

これは歯科医師一人で取り組んでできるものではありません。

歯科医院として全員でより専門性の高い知識と経験を重ねて協力していく必要があります。

患者様が安心して歯科治療をうけられるよう医院全体で取り組んでいきたいと思いますので今後

とも磯貝歯科医院をよろしくお願いします。